レート1000勢によるウイイレ攻略 マイクラブ(myclub)

どうもえーびーです!このブログではウイニングイレブン(ウイイレ)に関する攻略情報を載せていきます!twitterの方もよろしくおねがいします!

MENU

ハードマークの付け方!相手のフォメ毎に紹介!

こんにちは!

 

今日はよく聞かれるので,

自分なりのハードマークの付け方について説明したいと思います!

 

まずそもそもなぜハードマークをつけるかといえば,

特に抑え込みたい相手選手に集中してマークすることで,

大事なところをやられない

相手の起点をつぶすことができるからです.

 

ハードマークの詳しい意味についてはこちらをどうぞ.

www.uiire.work

 

ハードマークの付け方は,

相手のフォーメーションや,

試合の状況によって変わります.

 

相手のフォーメーション毎に,

自分の付け方を紹介したいと思います!

 

まずは,相手がスリートップのときです.

f:id:cls13006uiire:20191008182359j:plain

4-3-3

 ハードマークを付ける意図としては,

起点やタメを作られるのを妨げることです.

 

そのため,

相手がスリートップのときは,

両ウイングにハードマークをつけます.

 

ただ,

ハードマークを付けると守備の際,

選手間にスペースを作ってしまうことがあるので,

相手の2列目の選手が飛び出す

のを警戒しておく必要があります.

 

次は,

オーソドックスな4-4-2です.

f:id:cls13006uiire:20191008182931j:plain

4-4-2

このフォーメーションが相手の時は,

試合の状況や相手との力量によって

ハードマークを付ける位置を変えています.

 

試合が拮抗していたり,

相手をやや警戒しているときは,

CFの2枚に対してハードマークを付けます.

 

結局一番相手にやられてはいけないのは,

相手のCFですし,

そこさえ押さえておけば良い

みたいなところもあるので,

CFにつけるようにしています.

 

CFにつけることで,

自分のCBが相手CFに密着し,

結果としてDFラインがやや高い位置をとるので,

ハイプレスをかける自分にとっては都合が良いです.

 

また,

自分がビハインドで

さらに前線に守備の起点を作りたいときや,

相手を押し込み一方的な展開にしたいときは,

両サイドハーフにハードマークをつけています.

 

先ほど述べたように,

相手の起点をつぶすという意味では,

サイドハーフをつぶしに行くのも良いですし,

中盤の選手に対して激しいプレスを行う事で,

早めにボールを奪い返すことができます.

 

ただ,CFに起点を作られやすくはなるので,

CFにつけるかサイド―ハーフにつけるかは,

相手のサッカーによって変えるのも良いと思います.

 

4-1-3-2が相手のときも同様にハードマークをつけています.

 

次に,

今作流行している4-3-1-2が相手のときです.

f:id:cls13006uiire:20191008184226j:plain

4-3-1-2

先ほどの4-2-2の時と同様に,

相手のCFに対してハードマークをつけるのは

かなり有効かなと思います.

 

ただ,

相手が本当に上手な方と試合をしたとき,

OMFの位置の選手にかなりやられた経験があります.

 

ですので,

OMFに上手くやられているなと感じた時は,

OMFに対してハードマークをつけるのもアリかな

と思います!

 

また,

CMFの2枚に対してハードマークをつける

のもかなり有効です!

 

かなり中央に密集したフォーメーションであるので,

こちらも守備の際に中央の選手に守備を集中させることで,

ボールを奪い返しやすくなります.

 

最後に,

相手が3バックのときです.

f:id:cls13006uiire:20191008185225j:plain

3バック

上で述べたように,

2CFやスリートップのときに,

CFの2枚や両ウイングにつけるのは有効かなと思います.

 

ただ,ハードマークは特定の選手に対して

激しくプレスをすることができますが,

その分スペースを空けてしまうことがあります.

 

3バックが相手の時は,

相手の攻撃の枚数が多く,

相手の2列目の選手が

飛び出してくることが多々あり,

ハードマークをいれない

ということもアリかなと思います.

 

以上が自分のハードマークの付け方ですが,

守備のスタイルによっても効果が変わってくると思うので,

色々試してみて試行錯誤し,

自分なりの付け方を探すのも良いと思います!

 

 

 

今日はこの辺で,

それでは!!